語学の実践にはHelloTalkを活用すべし

語学の実践にはHelloTalkを活用すべし

こんにちは。

今回は語学学習アプリのHelloTalk についてお話したいと思います。

英語だけでなく他の言語を勉強している方にとってもとても便利なアプリですので、僕の個人的な経験をもとにお話したいと思います。

(ちなみにHellotalk側から何か依頼されてこの記事を書いているわけではありません👍)

HelloTalkとは

HelloTalkはスマホの語学学習アプリで、自分の学びたい言語を話す外国人と知り合ってチャットや仲良くなれば電話をしながら語学を勉強することができます。

英語を勉強している日本人であれば、プロフィールで学んでいる言語を英語、母国語を日本語、と設定すれば日本語を勉強している英語圏の外国人(もしくは英語堪能な外国人)とやり取りすることができます。

この写真の中央左にあるJPが母国語である日本語、右のES、FR、ENがそれぞれスペイン語、フランス語、英語です(見えづらくてすみません…)。青や緑のラインはその言語の習熟度を表しています。僕は課金済みのガチユーザーなので学びたい言語を三つ選択できていますが、無課金の状態だと一つのみとなります。

ありがたいことに日本語⇔英語の組み合わせの数はとても多いので、英語を勉強しているけどチャットする相手が全然見つからない…ということは基本的にはないと思います。

僕もこのアプリをスペイン語を練習するためにもう二年近く使っているのですが、だいぶお世話になっています:) 日本にいるとなかなかスペイン語を使う機会ってほとんどゼロに近いですからとてもありがたい…

以外にもメキシコや南米を中心に日本語を学んでいる人は多く、今現在も少なくとも週一回か二回は”Hola!” と新しい人からメッセージが来ます。

基本的には無料で利用できますが、課金すると学んでいる言語として最大三つまで言語を設定できるほか、アプリ内の翻訳の回数が無制限になります。

 

実際にHelloTalkを使ってみて

二年ほどこのアプリを使ってみて、よかったと思うところとイマイチだと感じたところをご紹介します。

よかったところ

  1. 語学の実践ができる。
  2. 他の学習者が気軽にモーメンツの投稿を修正してくれる。
  3. 世界中の人と話す機会が得られる。
  4. 親しい友達になって、実際に会う。

まず何といっても語学の実践ができる。コレです。語学の上達(特に会話)は実践して失敗ながら練習するほかないのですが、僕はHelloTalkでメッセージのやり取りとVoice chat(電話での会話)をやっていくうちに少しずつ話せるようになっていきました。大学でスペイン語の授業を取っていたものの文法しか教わらなかったため、HelloTalkを始める前は全然しゃべれませんでした。スペイン語圏の人は明るい人が多いのでVoice chatもそこまで緊張しませんでした(一番最初はめちゃくちゃしたけど…笑)。  語学は使ってみるべし。

 

2についてですが、モーメンツというのは簡単に言うとLINEやFacebookのタイムラインみたいなものです。

 

この画像のやや上の文章が元の投稿で、下に訂正された後の文章が載っています。赤い単語がミスで緑の文字が訂正後の正しい単語となっています。モーメンツに投稿した後、間違っているところを気軽に直してもらえるので自然でネイティブらしい表現を学べます。なかなか自分では自然なニュアンスとかは気がつかないのでありがたいですね。

世界中の人と話せるのもいい勉強になりますし、楽しいです。英語やスペイン語のように多くの国で話される言語には、各国によって同じ言語でも違いがあります。英語で言えばアメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポールなどの国で話される英語は程度の差はあれ異なります。国民性も国によって違いますし、話していく中でそういうところを発見していくのは面白いですね。

4についてですが、正直これはちょっと危険です…女子は原則会わないか、かなり仲良くなって信頼できるようになってから会うようにしたほうがいいです。後述しますが、恋愛目的でHelloTalkを使っている人もいるので… 僕は実際にHelloTalkで話して仲良くなったメキシコ人二人とあって、メキシコシティを案内してもらいました。

 

イマイチだったところ

  1. 会話がすぐ続かなかくなる。
  2. ナンパが多い(らしい)

外国に住む人とメッセージをやり取りしていく中で問題となることの一つが時差ですね。特に南米と日本では12~14時間、北米だと13~16時間ほど時差があるのでお互いの活動のタイミングが合わないことがあります。夜中にそろそろ寝ようかなと思ってたらメッセージが来た…こともたくさんありました。それから(僕も人のことは言えないですが)既読無視とか、連絡しても返事が来ないということもたびたびあります。まあみんな忙しいですからね…。メッセージがとぎれとぎれになっていくうちにもう話さなくなっていた、というパターンが割と多いかもしれません。

2が結構めんどくさいかもしれないですね。僕は一回ほどしか経験したことないのですが、Hellotalkでいろいろな女性のプロフィールを見るとよく”恋愛目的ならメッセージ送らないで”、”ナンパしたら通報するから” などきっちり書いてあります。Fワードを使って警告している人もいましたね…結構恋愛目的の輩が多いのでしょう…どうも顔や体が写った写真求めてくるらしい…日本人女性は特に狙われやすいので気を付けたほうがいいです。プロフィールに”もしナンパしたらI’ll kick your as〇!” ぐらい書いてもいいかもしれません(笑

 

まとめ

HelloTalkは簡単に学びたい言語のネイティブの人を見つけて練習できる便利なアプリだと思います。

普段語学を勉強していてアウトプットの場が身近に無い方は試してみてください。